私達が安全な搭乗体験を提供致します

 熱気球体験とは・・・ ~ 安全性について ~

 まず 先日発生しました エジプト・ルクソールでの熱気球事故につきまして、事故に遭われた皆様には心よりご冥福をお祈りすると共に、ご遺族の方々へお見舞いを申し上げます。

 

皆様におかれましても多大なご心配ご不安をお持ちの事と思います。

本来、熱気球の飛行は景色も素晴らしく 爽快な気分と他の飛行する乗り物では味わう事の出来ない貴重な体験が出来ます。私共は、この素晴らしい体験を多くの方にも味わって頂きたいと思い、各地でイベント活動を行っております。

 

 私共の【熱気球イベント】では、係留型(熱気球と地上を4本のロープで固定し、高さや飛行場所を制限する方法)を採用しており、今回事故を起こしたフリーフライト(自由に空を飛ぶ方法)とは、大きく異なる飛行方法です。固定用ロープは熱気球の外側で繋ぐため、機材と絡まる事はございません。

 

 機材の安全点検・安全対策 また運行管理を徹底し、搭乗者の皆様に、熱気球を安心して楽しんでいただけるよう、より一層努力してまいります

 

 日本気球連盟が推進する安全基準が風速4m以上である為 天候等によりパイロットが安全に飛行できないと判断した場合は、中断又は中止となる場合もございます。その点ご理解ご協力頂けると幸いです。あくまでも安全第一を優先に考えております。また、万が一の為 搭乗者保険に加入しております。

 

 その他、ご不明な点ご質問等ございましたら 些細なことでも結構ですのでご連絡頂ければ幸いです。

    

                              ☆ 連絡先  

                              HEAT BALLOON物語

              〒505-0121 岐阜県可児郡御嵩町中762-32

                              TEL090-8133-4241 担当:藤掛・天野


乗り物による事故

 

飛行機事故・・・2011年度 事故発生率0.37%(国際航空運送協会)

 

国内交通事故・・59万9760件(2012年度・警察庁)

 

国内熱気球による死亡事故は1件となっております。

フリーフライトを含める熱気球事故は、年間40件程起きておりますが、係留型での事故は、2件程となっております。1件は、着地の際、搭乗者が膝を負傷。もう1件は、クルーが係留ロープに引っかかりケガをした事案が報告されております。

 

 フリーフライトによる事故では、気球本体を損傷・農作物を壊してしまったという事案はありますが、負傷者が出ると言う報告は少ないです。